おくすり手帳の使い方




おくすり手帳はあなたに処方されたおくすりの名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。この記録がありますと、医師・歯科医師や薬剤師が、どのようなおくすりをどのくらいの期間使っているのかが判断できます。

また、他の病院や医院などでおくすりをもらうときにも、医師・歯科医師や薬剤師におくすり手帳をみせることで、同じおくすりが重なっていないか、また飲み合わせ等についての確認も行ってもらえます。

おくすり手帳の利用方法
  1. 病院や医院、歯科医院、薬局に行ったときには、毎回、必ず医師・歯科医師や薬剤師に提出してください。
  2. 薬局で市販のおくすりを買った場合にも、記録してください。
  3. 病院や薬局でおくすりの名前等を書いた説明書を渡された場合はそのまま貼ってください。
  4. おくすりについて、わからないこと、困ったこと等があるときには、右下の空欄に記録しておきましょう。
  5. あなたからもらったおくすりの記録(薬歴)になりますので、大切に保管してください。

おくすり手帳ってどこでもらえるの?
処方せんをもらったら、保険薬局でつくってもらいましょう。「おくすり手帳」は無料でもらえます。

おくすり手帳はどうやって書くの?
くすりの専門家の薬剤師にご相談ください。くすりの名前や飲み方、服用上の注意点など薬剤師がお書きします。
※手帳は無料ですが、お薬手帳をご持参いただいた場合や前回からの来局期間に応じて費用が異なります。詳しくは薬剤師にお尋ねください。



























.